PROFILE

逢瀬アキラ

おうせ あきら

2.5次元ロックアーティスト。自らをアキラ帝国赤い彗星軍の“女帝”と呼ぶ。
その強烈なキャラクターも相まって、国内はもとより世界各地のメディアに取り上げられ注目を集め話題を呼んでいる。文学好きな母の影響で小説を好み幼少から詞や小説を書き始め、大好だったアニメ、ガンダムシリーズの主題歌を初めて“音楽”と意識して捉え大感動し、音楽の道を志す。
2016年5月に初のワンマンライブを開催し300人を動員。数々のアニメ・ゲームイベントに出演する中、海外展開も積極的に行っている。2016年6月には、当時ほぼ無名の新人アーティストにもかかわらず、ドイツ・ブレーメンで開催されたアニメコンベンション『Nippon Con 2016』で1500人、8月はオーストリア・ウィーンで開催されたアニメコンベンション『Ani Nite』で2500人以上を動員する等、過去のイベント動員記録を大きく塗り替えた。

音楽活動以外にもラジオパーソナリティ、イベントMC等の顔も持ち、様々な番組でパーソナリティをつとめる。レインボータウンFM にて「アキナめぐみのふれんど×3ナイト♡」等レギュラーを持つ。“TECH JAIAN”での連載コラムも『逢瀬アキラの爆裂!!!漲りエロゲ道』も好評を得ている。

また、自らも公言しているように“アーティスト界No,1オタク”であり、この世に存在するほとんどの“アニメ”、“コミック”はたまた、“エロゲ”まで網羅している程で、その手の話題には事欠かない。
 
2016年にはテレビアニメ『奇異太郎少年の妖怪絵日記』ED主題歌タイアップで幼い頃からの夢であったアニソンシンガーとしてもデビューを果たす。2017年7月放送のテレビアニメ、百合姫に人気連載作品『捏造トラップ』のED主題歌タイアップに『Virgnai lily』作詞作曲歌唱曲を果たす。

2018年には映画、舞台出演を果たし、イベントMCなどの仕事も積極的に行っている。また声優の藤咲ウサ音楽活動のトータルプロデュースも行っており、第二弾企画のクラウドファンディングでは約1000人の支援者を集め、CD制作、グッズ制作、渋谷のヴィジョンジャック等、プロデュース活動にも力を入れている。
 
さらに自ら作詞作曲した楽曲をアニメ、ゲーム業界で積極的に提供し続け、フロントマンだけでなくひとりの『音楽家』としても活動の場を大きく広げている。 

 

生年月日

5月1日

血液型

A型

出身地

大阪府

趣味

アニメ鑑賞、フィギュア収集、美少女ゲーム、ダイビング(アドバンス免許あり)

釣り、酒、読書、麻雀、jubeat、Lycee

特技

速読、作詞作曲